夢想劇



一時チェスに凝りました。

全然うまくなりませんでしたが。

定石が色々あって、覚えるのが大変です。

でも定石ってとても大事。

あるとき定石通りにゲームが進んだことがあって、

一度も勝てたことのない相手だったのですが、

途中でゲームを放棄してきました。

あのまま続けていたら訳が分からなくなって、私が負けてたと思います。

彼には私の見えていない展開が見えていたのでしょう。

定石通りに置いただけっだたのですが、(訳分からずに)





月を横切っているのは、シーラカンスです。






女性の持っている駒はクイーン






胸に添えられた左手は、この一手が自分の意思であることを表しています。







この妙な物体の顔は左の女性と同じです。

右下の箱の中身は、キノコ雲、鉄条網の絡まった翼、嘘をつく口、頭蓋骨。





チェス駒は二種類入り交じっていて、ゲームは破綻していることが分かります。





一つ戻る

最初に戻る